ヤスカリ

公開日: 2023/08/29 最終更新日: 2023/11/07

ヤスカリ

ヤスカリ

メットやグローブもレンタル可能!ツーリング初心者も歓迎!

おすすめポイント

ポイント1 ツーリング初心者も利用できる
ポイント2 Web決済に対応
ポイント3 格安でサービスを提供

基本情報

対応エリア東京など
料金体系【原付スクーター】
24時間:5,980円(税込)
1週間:9,800円(税込)
1か月:2万9,800円(税込) など
利用方法 ①ホームページから予約
②来店
③利用開始
④返却
会社情報株式会社ケイジェット
東京都足立区小台2-9-7 1階

「ヤスカリ」は、デリバリーバイクのレンタルを、リーズナブルな価格で提供しているバイク屋です。店舗は足立区と三ノ輪にあります。

そんなヤスカリでは、一体どのようなサービスを提供しているのでしょうか? ここではヤスカリでレンタルできる車種、車両保険や利用方法などについて、詳しく解説させていただきます。

ヤスカリの特徴①レンタルできる車種

ヤスカリの画像2
ヤスカリが取り扱っている車種は以下のとおりです。

・原付スクーター
・ジャイロキャノピー原付
・ジャイロキャノピーミニカー
・原付二種スクーター
・原付ミッション
・126~250cc
・251~400cc
・400cc超

実に多種多様なバイクをレンタルできます。中でも原付スクーターやジャイロキャノピー原付は、デリバリーの配達員としてバイクをレンタルする際にも最適といえるでしょう。

ヤスカリの特徴②車両保険の内容について

ヤスカリの画像3
デリバリーバイクレンタルのサービスを利用する際に欠かさずチェックしておきたいのが、車両保険の有無や内容についてです。ヤスカリではどのような保険を用意しているのでしょうか?

任意保険

まず、任意保険は以下のようになっています。

対人:無制限1名につき
対物:1,000万円1事故につき、免責5万円
搭乗者傷害:1名につき500万円まで(死亡後障害のみ)※原付を除く

ヤスカリの基本料金には、上記が付帯するかたちになります。

オプション車両補償(免責は1事故につき)

オプション車両補償については、加入するか否か選択することができます。ただし非加入の場合、事故や転倒、破損などが生じた場合に修理代金を全額支払うことになるため、じゅうぶんに注意してください。

免責とは、事故を起こしてしまった際に、利用者側が負担する最大の支払金額です(事故1件ごとにかかる)。たとえば修理代金が20万円だとすると、免責の5万円を上限に自己負担することになり、15万円分を車両補償でカバーすることとなるでしょう。

加入に際しては、以下の料金がかかります。

50cc
1日:1,650円(税込)
1週間:2,200円(税込)
2週間:3,300円(税込)
1か月:6,600円(税込)

126cc
1日:2,200円(税込)
1週間:4,400円(税込)
2週間:5,500円(税込)
1か月:1万1,000円(税込)

251cc
1日:2,750円(税込)
1週間:5,500円(税込)
2週間:6,875円(税込)
1か月:1万3,750円(税込

なお営業補償は、車両補償加入の有無に関わらず発生し、基準は車両補償の免責内容と同様です。

自走可能(破損超軽微、走行に問題のない程度の傷など):免責2万円
自走不可能(破損、あるいはレッカーを使用した場合):免責5万円

免責金は、上記の金額となるでしょう

オプション盗難補償

こちらも加入するかどうか、選べるようになっています。加入することで仮にバイクが盗難の被害にあった場合、オートバイの時価額の50%が補償されます。未加入であれば、時価額の100%を支払うことになるので、ご注意ください。

なお、加入にかかる費用は以下になります。

50ccスクーター、ジャイロキャノピー:1,100円(税込)
50ccミッション、125cc:2,200円(税込)
ビックスクーター、250ccミッション:3,300円(税込)
256〜400cc:4,400円(税込)
401cc〜:5,500円

遅延の場合は補償対象外となるので、そちらも注意しましょう。

補償が適用されなくなるケースについて

なお飲酒運転やノーヘルメット走行、契約者以外の使用による事故、レンタル期間を無断延長した際の事故など、問題のある使い方をしていた場合、一切の保険・補償の適用が受けられないため、じゅうぶんに気を付けて走行しましょう。

ヤスカリの車両補償については、以上となります。

ロードサービスについては、貸出店舗から180km圏内までであれば無料で利用できるようになっています。店舗の営業時間外にトラブルがあった場合は、そちらに連絡するようにしましょう。

ヤスカリの特徴③デリバリーバイクをレンタルする流れ

ヤスカリの画像4
それでは最後に、ヤスカリのサービスを利用する手順について確認していきましょう

①予約

ヤスカリのホームページから各車両のスケジュールを確認し、予約の手続きをしましょう。
※18歳未満は利用できないので注意

なお予約できるのは、利用予定日90日前~前営業日17時までとなっています。支払方法はクレジットカード払いとなっており、予約内容の変更は「お問い合わせ」から連絡して、再度予約を行うようにしましょう。

予約のキャンセルをする際も、問い合わせから連絡してください。その際、以下のキャンセル料金を支払わなければなりません。

予約日の4日前:キャンセル料無料
予約の3日前~当日:レンタル料金の50%

なお支払いの連絡は、別途で店舗から案内があります。

②来店

来店時には、以下のものを持参しましょう。

・免許証
・ヘルメット(オプションで利用しない場合)

なお手続きに時間がかかるため、予約日の10:00~18:30の間に来店するようにしてください。ヤスカリはリバイクルK-JETが運営しているため、来店時は運営側のスタッフに声をかけましょう。

③利用

なお、契約者以外の貸出・返却には対応していないため、かならず本人が時間内に来店してください。契約者以外の運転についても不可となっています(ただし法人名での貸出は可能なので相談すること)。

もし「放置車両確認標章」が貼られてしまったら、記載の警察署に出頭し、反則金を支払ってください。そのあとかならず店舗に連絡し、バイク返却時に反則金の領収書を提示しましょう。

その際に反則金の支払いが確認できない場合、駐車違反1件ごとに2万円を支払うこととなります。

なお目安以上の距離を走行するためには、整備をしなければならない場合もあります。安全に運転するためには、オイル交換と整備が欠かせません。

目安以上の距離を走行する場合、メンテナンスが必要であるにも関わらず、それを怠って車両に故障や損害が発生したら、車両の時価額が請求されます。

なお走行中の不具合に関しては、営業時間内に契約店舗へ連絡しましょう。それ以外の時間帯に走行不可能になった場合は、ロードサービスを利用してください。

④返却

返却においても手続きに時間がかかるため、10:00~18:30の間に来店するようにしましょう。なおガソリンが満タンでない場合、以下のヤスカリ規定の費用を支払うこととなります。

原付:3,000円(税込)
原付二種・ジャイロキャノピー:5,000円(税込)
それ以上:5,000円(税込)

以上で、レンタルは完了となります。

ヤスカリは上記の手順を踏むことで、デリバリーバイクをレンタルできます。ただし月曜定休日となっているので、いつが営業日なのかあらかじめ確認しておきましょう。

まずは新規会員登録をしてみよう!

ヤスカリは足立区や台東区三ノ輪などの下町に拠点を置く、デリバリーバイクのレンタルサービスです。近隣に住む方は、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか?

なおヤスカリのバイクは初心者ライダーも利用可能で、バイクに慣れていない方でも安心して利用できるよう、保険や保障を充実させています。また三ノ輪店を利用する際は、国道4号線側の入り口右手にインターホンが設置されており、ボタンを押せばスタッフが案内してくれるでしょう。

ホームページでは会員登録の手続きを承っているので、サービスを利用される場合は、まず会員登録の手続きをされてみてください。何かわからないことや不安なことがあれば、問い合わせフォームから質問してみましょう。

よくある質問

  • 未成年や初心者はレンタルできますか?
  • 18歳から利用可能のようです。また初心者もレンタル可能となっているようです。
  • レンタルはいつでもできますか?
  • 月曜日が定休日なので月曜日以外であれば利用できるようです。
  • 車で行ったら預かってもらえますか?
  • 車、バイク、自転車などすべて預かってもらうことはできないようです。
  • 電話で問い合わせしたいのですが?
  • システム上電話での問い合わせは対応してなく、ホームページからのみとなっているようです。

ヤスカリの口コミ・評判

お得でちょうどよい(89 BAKUさん)
自分のバイクを持っていないのですが、友達とツーリングに行くのにレンタルしました。久しぶりのツーリングでしたが車体の調子も良く安心して走る事が出来ました。 ツーリングは1日だけでしたが一週間のレンタルがお得だと感じたので翌日に初めて子供を乗せて走りいい思い出ができました。料金も他と比べてとても安いですし、たまに乗るにはちょうど良かった。
引用元:https://goo.gl/
運営者コメント

久しぶりのツーリングでサービスを利用したようですが、そういった人であっても安心して乗ることができるほど車体の調子もよいというのはありがたいですね。しばらくブランクがあるとバイクに乗るのは少し怖いものですが、もしそういう状況にあるとしても、ヤスカリを利用すれば心配することはないのでしょう。料金が安いというのも助かりますね。

スムーズに利用できて便利(たーひーさん)
事前にクレジットカードで決済ができ、貸し出し、返却もスムーズにできて便利です!PayPayのQRがあったのでカードがない人でも利用できるのか思います。アクセスもよく今後も利用したいと思います。
引用元:https://goo.gl/
運営者コメント

デリバリーのためにバイクをレンタルするにあたっては、どれくらいスムーズに借りられるかを重視する人も多いことでしょう。その場合、事前にクレジットカードで決済ができて貸し出しや返却もスムーズということなので、ヤスカリはまさしくぴったりのようですね。PayPayにも対応しているようなので、かなり便利なことが期待できます。

迷った方には
この会社がおすすめ!

ShaeroPR
Shaero

シェアロは、日本の都市部で注目を集めている電動バイクシェアリングサービスです。数百のステーションを展開するネットワークにより、時間とコストを節約しながら目的地までスムーズに移動できます。 また、女性でも簡単に操作できる・コスパの高さなど、利用者のニーズに合わせたサービスで人気急上昇中のツールです。

   

【ジャンル別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【エリア別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【全国】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス7選!比較表

イメージ
サービス名Shaero(シェアロ)Hondaのお仕事用サブスクテイトレンタルFPレンタルバイクサニーバイク軽輪舎(ケイリンシャ)ヤスカリ
特徴電気代約10円分のエネルギーで30kmを走行!静かでエコな都市向きの電動バイク!保険やメンテナンス込みで充実のサポート!HONDA公式の安心サービス!完全フルメンテナンス!全国提携工場と連携したサービスネットワーク体制!充実のサービスネットワーク網!豊富な車両在庫でニーズに迅速対応!保険もすべてコミコミ!自賠責や任意保険、整備等の諸費用も全部込み!オープニング時や繁忙期に便利でお得!長期利用者おすすめのプランも登場!メットやグローブもレンタル可能!ツーリング初心者も歓迎!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら