FPレンタルバイク

公開日: 2023/08/29 最終更新日: 2023/10/03

FPレンタルバイク

FPレンタルバイク

充実のサービスネットワーク網!豊富な車両在庫でニーズに迅速対応!

おすすめポイント

ポイント1 業務最安値
ポイント2 繁忙期にも対応可能
ポイント3 出張料・引取料 無料

基本情報

対応エリア南関東
料金体系【原付一種 50cc ※原付き免許】
ジャイロキャノピー:2万8,600円(税込)/月
ジャイロX:2万4,200円(税込)/月
など
利用方法 ①問い合わせ&説明
②予約・申込
③請求
④支払い
⑤納車
⑥レンタル終了
会社情報株式会社Tricycle
東京都品川区西中延1-2-32

FPレンタルバイクは東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の1都3県で展開するレンタルバイクサービスです。おもにレンタルバイクや車両の修理、中古車販売などの事業をおこなっています。

FPレンタルバイクは「価格」「サービス」「保守」の3つにおいてナンバーワンの確かな実績を持っており、たくさんの人が利用しています。

そこで今回はFPレンタルバイクについて詳しくご紹介します。関東圏などでレンタルバイクをお探しの方は参考にしてみてくださいね。

FPレンタルバイクの特徴①3つの分野でナンバーワン

FPレンタルバイクの画像2FPレンタルバイクには「価格」「サービス」「保守」の3つの分野でそれぞれナンバーワンといった実績があります。

価格ナンバーワン

FPレンタルは業界再安値のレンタル価格といった特徴があり、3か月以上の契約で付属品のレンタル料が無料になります。

また初回に3か月分を一括で支払ったら、1か月目から付属品と納車料が無料になるのでお得です。

サービスナンバーワン

FPレンタルバイクではサービスネットワークも充実しています。たとえばメンテナンスや各種保険なども万全に整っており、利用者からも安心の声がたくさんあがっています。

またFPレンタルバイクでは1日1台からでもレンタルができ、最短即日からのレンタルもできます。繁忙期や故障などイレギュラーな時でも対応してもらえます。

保守ナンバーワン

FPレンタルバイクでは定期的に巡回点検をしており、走行距離によるメンテナンスも実施しているので保守の面でも安心です。

またパーツ在庫も豊富に取り揃えているので、いつでも素早い対応をしてもらえます。さらに重装備の必要な車輛の際は工場での引き取りをおこなって修理することもできます。

また必要であれば出張修理などもしてくれ、その際にかかった出張料や引き取り納車料、はすべて無料です。

FPレンタルバイクの特徴②さまざまなバイクをレンタルできる!

FPレンタルバイクの画像3FPレンタルバイクではおもに「原付一種」「ミニカー登録車両」「原付二種~120cc」をレンタルできます。

原付一種では以下の車種を取り扱っています。
・ジャイロキャノビー
・ジャイロX・ジャイロUP
・ギアシリーズ

ミニカー登録車両50ccでは以下の車種を取り扱っています。
・ジャイロキャノピーミニカー
・ジャイロUPミニカー

原付二種~120ccでは
・ベンリィ110
・トリシティ
・トリシティ屋根付き

などが用意されています。

レンタルバイク料金は1か月目だと、それぞれの車両レンタル料に付属品(BOX・出前機)3,000円と初回のみの納車料4,000円~が上乗せされた金額がかかります。なお2カ月目以降は納車料分が必要なくなり、車両レンタルに付属品3,000円のみを乗せたものになります。

さらにFPレンタルバイクでは初回の支払い時に3か月分を一気に支払えば、初月と3カ月目の納車料が免除されるといったお得なメリットもあります。金額で言うと約2,500円~7,000円/月程度安くなるのでお得です。

充実のオプション内容

FPレンタルバイクではオプションも充実しています。

おもなオプションとしては、
・スタンダードトランクシリーズ
・ベーシックトランクシリーズ
・BTシリーズ
・PCシリーズ

などを取り揃えています。

ロングセラーのスタンダード仕様であるスタンダードトランクシリーズは、内装材(インナーパッド&マット)やハイマウントストラップランプを標準装備しています。

基本的な荷物を運ぶといったことを満たしつつ、さまざまなスタイルやサイズを用途によって選べるメリットがあります。

またベーシックトランクシリーズは、用途や予算に応じて自由にオプション装備を追加できるセミオーダートランクです。

デリバリーでもルートビジネスでも対応する大型トランクであり、インナーパッド&マット、ハイマウントストラップ・ワイヤーラック・セーフティロックなどを追加できます。

FPレンタルバイクの特徴③安心の保守・整備

FPレンタルバイクの画像4FPレンタルバイクでは充実の保守・整備がすべてレンタル契約料に含まれています。たとえば1か月半~カ月前後にかけて定期的な点検を実施していますし、ほかにも営業車輛の各部の調整、走行距離による車輛管理などをおこなっています。

さらにトラブル発生時には出張して修理もしてもらえるので安心です。なおその際にかかる出張料や引き取り納車料、代車なども無料です。

パーツ在庫も豊富なのでスピーディーな対応が可能になりますし、レンタル契約料に交換部品や工賃などが含まれているため費用もかかりません。

ちなみに明らかな利用者による過失や盗難、事故、天災による修理の場合は有償となるため注意が必要です。

万全のサービス体制

FPレンタルバイクでは配達トラブルを事前に避ける定期点検などもおこなっています。定期循環点検により日々の走行距離を管理することで、通常の点検整備に加え事前に走行距離を予測・逆算して消耗部品の交換などを実施しています。

業務中の配達トラブルは売り上げ減少といった損失が大きいですが、点検や交換をこまめにすることである程度防げます。

FPレンタルバイクでは、そういったメンテナンスや定期点検などの対応をスピーディーかつ丁寧におこなってくれるので、配達業務をおこなっている人にとっては安心です。「修理を依頼してから帰ってくるのが遅い」「故障が直っていない状態で戻ってくる」なんて心配もいりません。

さらに、レンタルバイク以外の車両でも保守管理を対応してもらえ、既存の車両もしっかりバックアップしてくれます。

FPレンタルバイクの特徴④充実の保険・保証制度

FPレンタルバイクの画像5FPレンタルバイクでは保険や保証制度も充実しています。たとえば、レンタル契約料に自賠責保険と自動車保険が自動的に付帯されています。

さらに対物賠償保険も1,000万円(免責5万円)ついてきます。ですので、契約期間の全期間は安心です。

レンタルバイクを利用するメリット

事故への対応は特に宅配事業をおこなっている人にとって、どれだけ充実しているかはかなり重要なポイントとなります。ほかにも保険・保証は、「事故による車両の損失」「保険料の高騰」「保険リスクの回避」などが挙げられます。

とくに整備費以外では事故による想定外の出費は大きいものです。バイクの修理代はかなり大きくなりますし、車両保険をつけていたとしても翌年度は上がってしまいます。

しかしレンタルバイクの場合、利用者のフリーと契約から切り離されるので、事故による保険料率を悪化させるリスクから解放されるメリットがあります。

レンタル期間中に万が一事故に遭ったとしてもレンタル代が増えることもありませんし、定額で運営できるので固定費も変動する心配もありません。

まずは問い合わせてみよう!

今回はFPレンタルバイクについて詳しくご紹介してきました。FPレンタルバイクは1都3県にお住いの人におすすめのレンタルバイクサービスです。

車両在庫も豊富ですし、保険や補償も充実しているので安心して利用できます。さらに3か月以上の契約で付属品のレンタルが無料になるメリットもあります。気になる方はぜひ問い合わせてみてください。

迷った方には
この会社がおすすめ!

ShaeroPR
Shaero

シェアロは、日本の都市部で注目を集めている電動バイクシェアリングサービスです。数百のステーションを展開するネットワークにより、時間とコストを節約しながら目的地までスムーズに移動できます。 また、女性でも簡単に操作できる・コスパの高さなど、利用者のニーズに合わせたサービスで人気急上昇中のツールです。

   

【ジャンル別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【エリア別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【全国】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス7選!比較表

イメージ
サービス名Shaero(シェアロ)Hondaのお仕事用サブスクテイトレンタルFPレンタルバイクサニーバイク軽輪舎(ケイリンシャ)ヤスカリ
特徴電気代約10円分のエネルギーで30kmを走行!静かでエコな都市向きの電動バイク!保険やメンテナンス込みで充実のサポート!HONDA公式の安心サービス!完全フルメンテナンス!全国提携工場と連携したサービスネットワーク体制!充実のサービスネットワーク網!豊富な車両在庫でニーズに迅速対応!保険もすべてコミコミ!自賠責や任意保険、整備等の諸費用も全部込み!オープニング時や繁忙期に便利でお得!長期利用者おすすめのプランも登場!メットやグローブもレンタル可能!ツーリング初心者も歓迎!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら