Wolt配達員がおすすめな理由!賢い使い方も解説

公開日: 2023/09/19

近年のフードデリバリーサービスではウーバーイーツや出前館が業界のツートップといわれています。そんな中、注目のフードデリバリーサービスが「Wolt」です。日本では後発ですが世界的には有名です。では、Woltとはどんなフードデリバリーサービスなのでしょうか。今回は、Wolt配達員がおすすめな理由について詳しく紹介します。

Wolt配達員ってどんな仕事?

Woltとは、北欧のフィンランドが発祥のフードデリバリーサービスのことです。Woltの読み方は「ウォルト」と読みます。

近年Woltは全世界23カ国以上で展開中です。日本でのサービス開始は、2020年3月からで広島県広島市でサービスを開始しました。2023年4月時点で東京、大阪、名古屋など、24都道府県でサービスを展開中です。

Woltの仕組みとは?

Woltの仕組みは、Woltのアプリに登録しているユーザー様が、Woltに加盟しているレストランに料理を注文し、注文した料理をWolt配達員がユーザー様のお宅に届ける仕組みです。

Woltで配達するメリット・デメリット

Woltで配達するとどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?こちらではWoltで配達するメリット・デメリットについて詳しく紹介します。

メリット① 最低時給を保証してくれる制度がある

一般的な配達サービスでは、稼働中でも注文が入らないと収益が「0円」になることがあります。そのため待ち時間が多いと働き損です。ところがWoltは、オンライン時間保証が1時間あたり1,000円もらうことができます。最低時給を保証してくれることから、稼働中であれば「0円」になることがありません。

メリット➁ 効率的なマッチングが可能である

一般的な配達サービスは、配達先に一貫性がまったくなく、同時に2つのデリバリーを受けた時、配達先が逆方向ということがよくあります。そのため配達効率が非常に悪いことがあります。

それに対しWoltは、効率的なマッチングを重視していることから、配達先が近い注文を獲得することが可能です。配達効率が高いことから、他のフードデリバリーと比べてより高く稼ぐことができます。

デメリット① 配達エリアが比較的少ない

日本でのサービス開始が2020年3月からで、まだ3年しか経っていないからです。2023年4月時点で24都道府県でサービスを展開中ですが、日本のまだ半分以上の都道府県でサービスを受けることができません。

ただしWoltは数年以内に日本の100都市でのサービス展開を目指しています。そのため日本に巨額投資を行っていることから、今後配達エリアがますます拡大することが予想されます。

デメリット➁ 自転車では登録できないエリアがある

積雪量が高いエリアだと自転車での配達ができないからです。自転車での登録ができないエリアは北海道や東北地方などのエリアになります。近年北海道・東北といった雪の多いエリアでは、軽貨物限定で募集が行われています。

Woltの賢い使い方!シェアレンタル車両を活用しよう

Woltを賢く使うには一体どうすればよいのでしょうか?こちらではWoltを賢く使う方法について詳しく紹介します。

Woltを賢く使う方法とは?

Woltを賢く使う方法とはシェアレンタル車両を活用することです。シェアレンタル車両は、1度登録をすれば1日だけ車両を借りて配達することも可能な便利なサービスです。シェアレンタル車両を活用することでさまざまなメリットがあります。

次に、Wolt配達員がシェアレンタル車両を活用することでのメリットについて詳しく紹介します。

Wolt配達員がシェアレンタル車両を活用することでのメリットとは?

Wolt配達員がシェアレンタル車両を活用することでのメリットは次の通りです。まず、配達車両の購入費用が不要になり、手軽に始められます。そして、配達車両のメンテナンス・修理費用も不要です。

加えて、配達車両の駐車場を用意する必要がないため、手元に車両がなくても始めやすいというメリットがあります。Wolt配達員がシェアレンタル車両をレンタルできれば、配達車両を購入するよりも安くフードデリバリー業務を始めることが可能です。

シェアレンタル車両とは何か?

シェアレンタル車両とは、カーシェアリングサービス業者が車両をレンタルして貸してくれるサービスのことです。シェアレンタル車両には、自転車・バイク・自動車などがあります。もし近年、Woltの配達員を目指していて自転車・バイク・自動車がなくてお悩みの方がいれば、ぜひシェアレンタル車両を活用してみることをおすすめします。

まとめ

今回は、Wolt配達員がおすすめな理由について紹介しました。今回のポイントをまとめると、Wolt配達員がおすすめな理由とは最低時給を保証してくれる制度があること、効率的なマッチングが可能であることです。

Woltはウーバーイーツや出前館に比べると後発ですが、配達員の条件や待遇に関しては決してまけていません。また今後は配達エリアを続々と拡大する予定であることから、稼げるエリアもますます増えます。

迷った方には
この会社がおすすめ!

ShaeroPR
Shaero

シェアロは、日本の都市部で注目を集めている電動バイクシェアリングサービスです。数百のステーションを展開するネットワークにより、時間とコストを節約しながら目的地までスムーズに移動できます。 また、女性でも簡単に操作できる・コスパの高さなど、利用者のニーズに合わせたサービスで人気急上昇中のツールです。

   

【ジャンル別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【エリア別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【全国】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス7選!比較表

イメージ
サービス名Shaero(シェアロ)Hondaのお仕事用サブスクテイトレンタルFPレンタルバイクサニーバイク軽輪舎(ケイリンシャ)ヤスカリ
特徴電気代約10円分のエネルギーで30kmを走行!静かでエコな都市向きの電動バイク!保険やメンテナンス込みで充実のサポート!HONDA公式の安心サービス!完全フルメンテナンス!全国提携工場と連携したサービスネットワーク体制!充実のサービスネットワーク網!豊富な車両在庫でニーズに迅速対応!保険もすべてコミコミ!自賠責や任意保険、整備等の諸費用も全部込み!オープニング時や繁忙期に便利でお得!長期利用者おすすめのプランも登場!メットやグローブもレンタル可能!ツーリング初心者も歓迎!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事