wolt(ウォルト)の配達員でバイトをするなら自転車とバイクどちらが稼げる?

公開日: 2023/12/15 最終更新日: 2024/01/17

フードデリバリーサービスが一般的になった現代。さまざまなデリバリーサービスが誕生する中で、近年注目を集めているのがwoltです。woltは利用者だけでなく、配達員にも多くのメリットが期待できます。この記事ではwoltの配達員について詳しく解説します。効率的にお金を稼ぎたい人は参考にしてください。

Woltの配達員はバイクや原付を使用できる

woltというフードデリバリーサービスを知っていますか?フィンランドで発祥したwoltは、日本だけはなく世界中で注目されているフードデリバリーサービスです。

おもてなし精神を大切にするwoltは、店舗や利用者だけでなく配達員にも優しい会社。woltの配達員として活動すれば、お金とともに心の豊かさも手に入れられるでしょう。まずはwoltの特徴について解説します。

充実したサポート体制

woltの魅力的な点は、充実したサポート体制です。woltは加盟店や利用者だけでなく、配達員にもきめ細かいサポートをしてくれます。手厚いサポートは、初心者の配達員にもベテランの配達員にも心強い味方となってくれるでしょう。

一定の基準を満たした加盟店の料理しか提供しないwoltは、質にもこだわりを持っています。加盟店になるのも配達員になるにも、審査を受けなければいけないのです。

注文専用アプリがある

そして、注文専用アプリがあるのも、woltの魅力のひとつです。アプリを利用すれば高評価の店舗や人気の商品を知ることもできます。

woltの配達員について

ここからはwoltの配達員について解説します。woltの配達員は、自転車ではなくバイクや原付を使用して配達することも可能です。バイクや原付であれば、より効率的に商品を配達できるでしょう。

125㏄以上のバイクを使用する場合、事業用車両としての登録が必要になるので注意してください。また、原付でもバイクでも事前にwolt側に車両申請をしなければいけません。

配達をする人に向けてのサポートが整っているのも、原付やバイクを利用する人が安心できるポイントです。woltはすべての配達員に対して「障害保証」と「対人・対物賠償責任保証」を提供しているのです。

それぞれについて詳しく解説します。「障害補償」は、オンライン中に事故に遭ったときに適用する保険です。オンライン中であれば、待機中でも保険が適用されます。「対人・対物賠償責任保障」は配達中の事故に適用される保険です。運転中に人に危害を加えてしまった場合には、被害者に対し無制限で保険が適用されます。

また、インセンティブ制度が充実しているのも、woltの魅力のひとつです。woltでは配達員に対して多くのインセンティブを用意しています。地域によって基準は異なりますが、週の配達回数に応じてもらえる「ウィークリーボーナス」は、100回以上配達を行えば1万以上の報酬アップになります。

配達員として登録後に友人を紹介すれば、「紹介ボーナス」ももらえます。そのほかにもエリア限定のボーナスイベントや、雨の日に開催されるボーナスイベントもあります。

自転車よりはバイクや原付での配達がおすすめ

woltの配達員として活動するのであれば、自転車よりバイクや原付が断然おすすめです。ここではバイクや原付で配達をするメリットとデメリットを紹介します。

報酬が高くなる

実はwoltは、自転車よりもバイクや原付の方が報酬の基本料金が高くなっています。東京の場合、自転車の基本料金が370円に対して、バイクや原付の場合450円です。地域によって金額は異なるので、自分が稼働する地域を調べてみましょう。

小回りが利く

小回りが利くのも、バイクや原付で配達するメリットです。バイクや原付であれば、車が入れないような細い道でも運転できます。渋滞している時にもショートカットしやすいです。

遠い距離も配達できる

バイクや原付であれば、体力を消耗することなく遠い距離まで商品を配達できます。体力の消耗が少なければ、長時間働けるでしょう。

配達依頼が多くなる

バイクや原付は距離の制限がないため、自転車の配達員よりも依頼が多くなります。woltは距離により報酬が変わるので、より効率的にお金を稼げるでしょう。逆に、バイクや原付で配達をするデメリットもあります。

事故の可能性がある

バイクや原付で配達を行うときに一番怖いのが事故の可能性です。保証はしっかりとしていますが、一度事故を起こすと信用問題に関わります。自分自身がケガをすることもあるでしょう。

天候に左右される

天候による被害を受けやすいのも、バイクや原付で配達をするときのデメリットです。大雨や風が強い日には、事故の可能性も高まります。猛暑の夏や、寒さの厳しい冬に配達するのもつらいものです。

維持費がかかる

バイクや原付は自転車と違い、維持費やメンテナンスの費用が掛かります。日々必要となるガソリン代は、大きな負担になるでしょう。

法律で罰せられる可能性がある

バイクや原付を駐車禁止の場所に停めていると、罰せられる可能性もあります。お金を稼いでいるのに違反金をとられてしまっては元も子もありません。

バイクや原付で配達する場合に稼げる報酬

最後に、woltの配達員で実際に稼げる報酬を解説します。woltの配達員の報酬は、配達報酬にインセンティブや利用者からのチップである応援金が加算される仕組みです。

配達報酬は、基本料金と距離料金によって決まります。基本料金は忙しい時間帯や曜日の方が高くなりますよ。ちなみに、時給に換算すると1,000〜1,500円ほどです。より多くの金額を稼ぎたい人は、雨の日や忙しい時間に稼働するようにしましょう。

まとめ

フィンランド発祥のフードデリバリーサービスwoltは、利用者にも配達員にも魅力あふれるサービスです。多くのインセンティブが用意されているwoltであれば、楽しみながら仕事ができるでしょう。woltで配達員をするのであれば、自転車よりバイクや原付がおすすめですよ。woltを利用し、隙間時間に効率よくお金を稼いでください。

迷った方には
この会社がおすすめ!

ShaeroPR
Shaero

シェアロは、日本の都市部で注目を集めている電動バイクシェアリングサービスです。数百のステーションを展開するネットワークにより、時間とコストを節約しながら目的地までスムーズに移動できます。 また、女性でも簡単に操作できる・コスパの高さなど、利用者のニーズに合わせたサービスで人気急上昇中のツールです。

   

【ジャンル別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【エリア別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【全国】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス7選!比較表

イメージ
サービス名Shaero(シェアロ)Hondaのお仕事用サブスクテイトレンタルFPレンタルバイクサニーバイク軽輪舎(ケイリンシャ)ヤスカリ
特徴電気代約10円分のエネルギーで30kmを走行!静かでエコな都市向きの電動バイク!保険やメンテナンス込みで充実のサポート!HONDA公式の安心サービス!完全フルメンテナンス!全国提携工場と連携したサービスネットワーク体制!充実のサービスネットワーク網!豊富な車両在庫でニーズに迅速対応!保険もすべてコミコミ!自賠責や任意保険、整備等の諸費用も全部込み!オープニング時や繁忙期に便利でお得!長期利用者おすすめのプランも登場!メットやグローブもレンタル可能!ツーリング初心者も歓迎!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事