配達用バイクは屋根付きがいい?メリットデメリットを解説

公開日: 2023/09/19 最終更新日: 2023/09/25

配達用バイクには屋根つきバイクがあることをご存じでしょうか?屋根つきバイクを利用すれば天気が悪い日でもさほど濡れずに配達をすることができます。そのため配達業務を行うお店には欠かせません。では、屋根つきバイクとはどんなバイクなのでしょうか。今回は、屋根つきバイクについて詳しく紹介します。

雨や風から守る!屋根つきバイクのメリットとは?

配達用バイクには屋根つきバイクがあります。では屋根つきバイクとはどんなもので、どんなメリットがあるのでしょうか?こちらでは屋根つきバイクとは何か・屋根つきバイクのメリット・その他について詳しくご紹介します。

屋根つきバイクとは何か?

屋根つきバイクとは、バイクのフロントカウルからシートを覆うようにルーフが付いたバイクのことです。通常、ルーフの後方はルーフピラーというものがあり、屋根としての機能を支えています。屋根の色は透明・有色などバイクによって異なります。

さらに屋根つきバイクでは、安全性と視認性を高めるために透明性の高いクリアのアクリル素材で構成された「フロントバイザー」というものが採用されています。一部モデルにはワイパー付きもあり、前方視界をクリアに保ちます。

屋根つきバイクのルーフのタイプとは?

一般的に屋根つきバイクのルーフには、「標準装備タイプ」と「後付けタイプ」の2タイプがあります。ルーフ標準装備タイプとは、メーカー出荷時からルーフが標準装備されているタイプのことです。ルーフ後付けタイプとは、ユーザー様がバイクを購入後にルーフを後付けしたタイプのことです。次に、屋根つきバイクのメリットについて詳しくご紹介します。

小雨程度では濡れなくなる

屋根つきバイクには屋根にルーフがついていることから小雨程度では濡れなくなります。これによりちょっとした雨であれば、バイクで配達してもほぼ問題ありません。ただしそれ以上強い雨になると濡れます。その場合はルーフにサイドバイザー・ワイドバイザーをつけることで濡れにくくなります。

風よけになる

バイクは車と違い運転者の身体は常に風にさらされている配達車両です。そのため身体へ強い負担がかかり、疲労の原因になります。バイクはスピードがあがればあがるほど、また長時間乗れば乗るほど運転者に強い空気抵抗がかかってくるので注意が必要です。

ところで屋根つきバイクにはフロントバイザーやルーフがあります。これにより風よけになり運転者へかかるはずの強い空気抵抗がなくなり、ラクに運転できるようになることから疲労が溜まりにくくなります。

屋根つきバイクのデメリットとは?

屋根つきバイクは小雨程度であれば問題なく配達できる配達車両です。では、デメリットはないのでしょうか?こちらでは屋根つきバイクのデメリットについて詳しくご紹介します。

暴風の時には乗らない方がよい

メリットであるはずの風よけの機能が、条件によってはデメリットになることもあります。屋根つきバイクはフロントバイザー・ルーフがついていることから風よけ対策が整っている配達車両といえます。ところが暴風の時には、フロントバイザー・ルーフに暴風がモロに当たることからバイクが横滑りしたり、最悪の場合転倒することもあります。そのため暴風の時には乗らない方がよいでしょう。

転倒したあとは起こしにくいこともある

屋根付きバイクは通常のものよりも車重が重い傾向にあるため、乗り手によってはなかなか起こしにくいデメリットがあります。あるいは、転倒時に屋根と道路の間に挟まれるという重大な事故にもつながりかねます。

購入価格が高い

屋根つきバイクは、フロントバイザー・ルーフ・ルーフピラーなどのパーツを取り付けていることから、屋根なしの一般的なバイクと比べると購入価格が高くなります。屋根を後付けしても追加で、約15万円(税込)以上かかるといわれています。

デリバリーバイクのレンタルなら安く抑えられる

屋根つきバイクは、配達業務があるお店には必須の配達車両です。そのためどうしてもあった方がよいです。ただし価格が高いので簡単には買えません。では、一体どうすればよいのでしょうか?こちらでは屋根つきバイクを安く手に入れられる方法について詳しくご紹介します。

屋根つきバイクを安く手に入れられる方法とは?

屋根つきバイクを安く手に入れられる方法は、デリバリーバイクのレンタルを利用することです。デリバリーバイクのレンタルであれば、安い価格で借りられるので、わざわざ高い屋根つきバイクを購入する必要がありません。

まとめ

今回は、屋根つきバイクについてご紹介しました。今回のポイントをまとめると、屋根つきバイクとはバイクのフロントカウルからシートを覆うようにルーフが付いたバイクのことです。

屋根つきバイクは、配達業務があるお店には絶対にあった方がよいバイクです。デメリットは一般的なバイクよりも高いことですが、デリバリーバイクのレンタルを利用すれば安く借りることができます。

迷った方には
この会社がおすすめ!

ShaeroPR
Shaero

シェアロは、日本の都市部で注目を集めている電動バイクシェアリングサービスです。数百のステーションを展開するネットワークにより、時間とコストを節約しながら目的地までスムーズに移動できます。 また、女性でも簡単に操作できる・コスパの高さなど、利用者のニーズに合わせたサービスで人気急上昇中のツールです。

   

【ジャンル別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【エリア別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【全国】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス7選!比較表

イメージ
サービス名Shaero(シェアロ)Hondaのお仕事用サブスクテイトレンタルFPレンタルバイクサニーバイク軽輪舎(ケイリンシャ)ヤスカリ
特徴電気代約10円分のエネルギーで30kmを走行!静かでエコな都市向きの電動バイク!保険やメンテナンス込みで充実のサポート!HONDA公式の安心サービス!完全フルメンテナンス!全国提携工場と連携したサービスネットワーク体制!充実のサービスネットワーク網!豊富な車両在庫でニーズに迅速対応!保険もすべてコミコミ!自賠責や任意保険、整備等の諸費用も全部込み!オープニング時や繁忙期に便利でお得!長期利用者おすすめのプランも登場!メットやグローブもレンタル可能!ツーリング初心者も歓迎!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事