レンタルバイクでデリバリーをする際に注意すること

公開日: 2023/09/19

小回りが利き、長距離も走れ、コストも安いレンタルバイクはデリバリーに最適です。そのためデリバリーを始める人にはよく利用されています。しかし、レンタルバイクでデリバリーをする際には注意した方がよいこともたくさんあります。今回は、レンタルバイクでデリバリーをする際に注意することについて詳しく紹介します。

レンタルバイクにかかる費用に注意しよう

レンタルバイクを利用すると費用がかかります。では、どんな費用がかかるのでしょうか。こちらではレンタルバイクにかかる費用について詳しく紹介します。

デリバリーボックス

デリバリーボックスとは、バイクの荷台に固定する宅配や出前などの荷物を収納して運ぶためのボックスのことです。バイクのデリバリーボックスには、バイクのリアキャリアに取り付けるトップケースとバイクのサイドスタンドに取り付けるサイドケースの2種類があります。

トップケース月額2,000円(税込)からと、サイドケース月額1,000円(税込)からとなっています。ただしデリバリーバイクの本体レンタル価格に合算されていることもあります。

ヘルメット

ヘルメットとは、頭部を保護するための合成樹脂でできた安全帽のことです。主な素材はABS樹脂・ポリカーボネート・繊維強化プラスチック・ガラス繊維強化プラスチック・カーボン繊維強化プラスチックなどが使われているのでかなり安全性は高いです。

デリバリー目的でレンタルバイクを借りる人の中には、ヘルメットもレンタルする人も結構多くいます。フルフェイスヘルメットは月額1,000円(税込)から、シールド付きジェットヘルメットは月額500円(税込)から、半帽ヘルメット月額500円(税込)からとなっています。

デリバリー目的でレンタルバイクを借りるのであれば、安全のためにできるだけ頑丈なフルフェイスヘルメットがおすすめです。

スマホホルダー

スマホホルダーとはスマホを固定するためのアイテムのことです。デリバリー目的で、レンタルバイクを借りる人であればスマホが必須になります。そのためスマホホルダーも必要です。

クランプ式スマホホルダーは月額2,000円(税込)からです。スマホホルダーがあれば、デリバリーサービスとの連絡をとったり、配達先のマップを表示したり、配達先との電話やチャットでの連絡をとったりと、スマホをチェックすることが可能です。

駐車場料金

デリバリーバイクを月額レンタルすると、レンタル期間は借主がデリバリーバイクの駐車場を用意しなければなりません。屋外駐車場の駐車場料金は月額3,000円(税込)から、屋内駐車場の駐車場料金は月額7,000円(税込)からとなっています。

なお、デリバリーバイクの路上駐車は、地域によっては法律で禁止されているため、絶対にやめましょう。

交通ルールに注意!駐車禁止リスクへの対策

レンタルバイクでデリバリーをすると、駐車禁止のリスクがあります。こちらではレンタルバイクでデリバリーをする時に起こる駐車禁止のリスクについて詳しく紹介します。

デリバリーでの駐車禁止のリスクとは?

デリバリーでの駐車禁止のリスクとは、デリバリー車両などが駐車禁止区域に駐車したことで罰則や罰金を受けることです。駐車禁止区域とは、歩道・路上駐車禁止帯・消火栓・信号機の前・交差点・踏切などのことです。一般的に車両が止まっていると交通の邪魔になったり、災害時の安全に邪魔になる場所が指定されます。

駐車違反に関する罰則・罰金とは?

駐車違反に関する罰則は駐車禁止場所等は1点、駐停車禁止場所等は2点の違反点数が加算されます。駐車違反に関する罰金は駐車禁止場所等の場合バイクは6,000円、駐停車禁止場所等の場合バイクは7,000円の支払いが発生します。

駐車禁止リスクへの対策とは?

駐車禁止リスクへの対策は、5分以上バイクから離れないことです。理由は道路交通法の駐車違反の規定では「5分を超えない」と駐車違反にならないからです。

レンタルバイクの消耗に気を付けよう

レンタルバイクをレンタル中にキズがついたら一体どうなるのでしょうか?

レンタルバイクにキズがついたらどうなるのか?

レンタルバイクをレンタル中にキズがついた場合には弁償になります。弁償には「部品代 + 交換工賃 + 消費税」の費用がかかります。

レンタルバイクにはShaeroがおすすめ

レンタルバイクを検討中であれば、Shaeroをレンタルされることをおすすめします。Shaeroであれば、対人・対物無制限の保険・ステーション賠償責任保険がついています。

そのため万が一の時でも安心です。Shaeroであればレンタルのリスクを解決することが可能です。

まとめ

今回は、レンタルバイクでデリバリーをする際に注意することについて紹介しました。今回のポイントをまとめると、レンタルバイクでデリバリーをする際に注意することとは、レンタルバイクにかかる費用に注意すること、駐車禁止のリスクに注意すること、レンタルバイクの消耗に注意することです。

レンタルバイクは、デリバリーに最適です。また現在はさまざまな安全対策がとられているので、安心して利用することができます。気になる方は、ぜひともチェックしてみてはいかがでしょうか。

迷った方には
この会社がおすすめ!

ShaeroPR
Shaero

シェアロは、日本の都市部で注目を集めている電動バイクシェアリングサービスです。数百のステーションを展開するネットワークにより、時間とコストを節約しながら目的地までスムーズに移動できます。 また、女性でも簡単に操作できる・コスパの高さなど、利用者のニーズに合わせたサービスで人気急上昇中のツールです。

   

【ジャンル別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【エリア別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【全国】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス7選!比較表

イメージ
サービス名Shaero(シェアロ)Hondaのお仕事用サブスクテイトレンタルFPレンタルバイクサニーバイク軽輪舎(ケイリンシャ)ヤスカリ
特徴電気代約10円分のエネルギーで30kmを走行!静かでエコな都市向きの電動バイク!保険やメンテナンス込みで充実のサポート!HONDA公式の安心サービス!完全フルメンテナンス!全国提携工場と連携したサービスネットワーク体制!充実のサービスネットワーク網!豊富な車両在庫でニーズに迅速対応!保険もすべてコミコミ!自賠責や任意保険、整備等の諸費用も全部込み!オープニング時や繁忙期に便利でお得!長期利用者おすすめのプランも登場!メットやグローブもレンタル可能!ツーリング初心者も歓迎!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事