電動バイクの維持費はどのくらい?原付バイクと比較!

公開日: 2024/01/15

ちょっとした時の移動はどうされていますか。車で行くほどではない距離や車を持つほどでもない場合は、電動バイクがいいでしょう。環境にも優しく推奨されています。そんな電動バイクは原付バイクとどのような違いがあるのか、紹介します。それぞれの維持費や金額を安くする方法も参考にしてみてください。

電動バイクの維持費ってどれくらい?

電動バイクにかかる金額はどれくらいなのでしょうか。一見高そうにも見えますが、近年では10万円台の金額で購入できます。原付バイクとさほど違いがないくらいの金額で手に入るので、補助金制度を取り入れて購入を考えてもよいかもしれません。なかには50万円を超える金額のものもありますが、地球に優しいバイクを楽しみたいものです。

教習費用は大型自動二輪車で7万円~28万円くらいで、普通自動二輪車はおよそ種類によりますが7万円~17万円くらい、そして原付バイクは8,000円ほどです。

税金について大型二輪は年間6,000円、普通二輪の白が3,600円、同じくピンクは2,400円、こちらも同じく黄色は2,000円になっています。

電気代はどのくらい?

電動バイクは名前の通り、燃料にするのはガソリンではなく、乗るたびに電気を使用します。そのため、電気代に影響してきますが、電動バイクが1キロ走るのにかかる電気代は0.48円くらいなので、とても安くなっています。

ガソリンが燃料のバイクは1Lの金額を170円にしたら、1キロ走るのに2.125円かかるので、電動バイクの方が1キロ走る場合、3分の1にもならない金額で走れます。

保険料について

保険料には他と同じく自賠責保険と任意保険の2種類があり、自賠責保険は必然的な保険なので必ず加入し、自賠責保険は自分の判断の元、加入しますが、こちらも加入しておいた方がいいです。

保険料は電動バイクのワット数で金額が変わります。これまで紹介したものに加え、諸雑費には駐輪場やメンテナンスの金額がかかり、その都度変動します。電動バイクには、車検はありませんが、日々の検査や整備が大切です。いざというときに困らないよう、定期的にメンテナンスしましょう。

電動バイクと原付バイク、維持費の違いを比較

電動バイクと原付バイクの金額の違いについて比較します。

購入は原付が12万円で電動バイクが21万9,000円します。教習にかかる金額は原付8,000円で電動バイクは12万円で、両方とも車検は金額がかかりません。

燃料費は原付が3万円、電動バイクは8,000円、原付の税金は2,000円、電動バイクの税金は8,500円です。原付バイクの保険は、自賠責が7,070円、任意が3万7,616円で、電動バイクの自賠責が7,540円、任意が4万2,691円です。その他の駐輪場は両方とも4万8,000円、メンテナンスも両方とも5,000円です。

トータルで見ると原付は25万7,686円、電動バイクは45万8,731円になります。原付バイクの方が安くなりますが、色んな面で節約すると差を減らせます。コツコツと細かいところ見直して節電しましょう。

電動バイクのコストを抑える方法

近年、地球に優しいと人気を集めている電動バイクは大きな音もないので騒音を気にしなくて済みます。魅力的ですが、維持費についてこちらでは少しでも安くなるよう紹介します。

補助金を活用する

電動バイクを買うときは補助金の対象になるので使いましょう。2022年には、国内の自然環境を守るために電動バイクの使用が進められており、地域や都市によって異なりますが補助金の対象になっています。

実際にクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金があり、地球に優しい機能を持ち合わせた車に買い替えるのを促して、環境への配慮が明確にわかるようにするものです。そのための補助で国が一部を負担してくれます。

さらにはゼロエミッション東京の実現を掲げ、東京では2050年のCO2排出を実質ゼロに向けて、都内の新車の二輪車を2035年までに完全にガソリンではないものにするのを目指して補助金を導入しています。

こまめに節電する

また、コツコツと少しずつ節電しましょう。少しの停車でも電力を使わないようにし、努力で節電していけます。また、充電中はほかのことをしたくなりますが、放置しなければトータルの電気代が安くなります。

任意保険を安いものにする

ほかにも電動バイクの保険会社は代理店よりもネット型保険の方が安くなっているので比較してみましょう。補償内容や金額のバランスは会社によって違うので自分にあう会社を見つけましょう。

月極駐輪場の場合であれば、安いところに変える

月極駐輪場を使用する場合、同じ地域でも場所次第で金額がかなり違います。検索したり、実際に歩いて探したり、また、直接問い合わせるのもよいです。月に500円の安いだけで年間では大きな差になります。マンション敷地内の場合は、近くに駐車でき、気軽に充電できるのでどちらを選ぶかは慎重に考えましょう。

実際、補助金を活用して購入したケースで10万6,000円ほど節約できた、コツコツ節約して電気代が年間1,000円ほど安くなった、保険会社を変えたら一年で1万2,691円節約できた、駐輪場を変更したらで月に500円安くなった、などの事例があります。

まとめ

本記事では電動バイクの維持費に必要な役立つポイントについて解説しました。最近では金額が安い電動バイクが作られるようになり、比較的お手頃な金額になっています。

検討されている方は電動バイクの維持費や他にかかる諸雑費について参考にしてみてください。燃料費も他に比べるととても安く、また、コツコツ節約すると金額を安くできます。

迷った方には
この会社がおすすめ!

ShaeroPR
Shaero

シェアロは、日本の都市部で注目を集めている電動バイクシェアリングサービスです。数百のステーションを展開するネットワークにより、時間とコストを節約しながら目的地までスムーズに移動できます。 また、女性でも簡単に操作できる・コスパの高さなど、利用者のニーズに合わせたサービスで人気急上昇中のツールです。

   

【ジャンル別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【エリア別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【全国】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス7選!比較表

イメージ
サービス名Shaero(シェアロ)Hondaのお仕事用サブスクテイトレンタルFPレンタルバイクサニーバイク軽輪舎(ケイリンシャ)ヤスカリ
特徴電気代約10円分のエネルギーで30kmを走行!静かでエコな都市向きの電動バイク!保険やメンテナンス込みで充実のサポート!HONDA公式の安心サービス!完全フルメンテナンス!全国提携工場と連携したサービスネットワーク体制!充実のサービスネットワーク網!豊富な車両在庫でニーズに迅速対応!保険もすべてコミコミ!自賠責や任意保険、整備等の諸費用も全部込み!オープニング時や繁忙期に便利でお得!長期利用者おすすめのプランも登場!メットやグローブもレンタル可能!ツーリング初心者も歓迎!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事