ジャイロキャノピーは雨の日でも濡れない?特長を解説

公開日: 2023/09/19

雨の日でも乗れるバイクがあったら便利なのにと考えたことはないでしょうか。宅配ピザなどで見かける屋根付きの3輪バイク、実はあれが「ジャイロキャノピー」と呼ばれる、雨天でも乗れるバイクなんです。本記事ではそんなジャイロキャノピーについて解説します。ジャイロキャノピーの魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

ジャイロキャノピーとは?特長を解説

車と比べて維持費が安く、気軽に乗れる原付バイク。もし原付バイクに屋根が付いていて雨天時でも快適に運転できたら便利です。そこでここでは、移動手段の選択肢を広げるジャイロキャノピーの特長について解説します。

ジャイロキャノピーとはどんな乗り物?

HONDA(本田技研工業)が、原付バイクの手軽さと4輪自動車の居住性や安定性を併せ持ったものを作りたい、そんなコンセプトで制作したバイク、それがGYRO(ジャイロ)シリーズです。前輪1本と後輪2本で構成された計3本のタイヤを配置し、1982年にトライクタイプ(3輪タイプ)の乗り物して販売されました。

その後、1990年に屋根が付いたタイプとして、キャノピーという名称で販売されました。近年では、ジャイロという3輪原付バイクにキャノピーという屋根を取り付けたものを総称してジャイロキャノピーと読んでいます。

ジャイロキャノピーは、運転席のシートはしっかりと屋根で守られているため、上から降る雨に対して濡れる心配がありません。ですが、ジャイロキャノピーは横のドアが付いているわけではないため、横から吹き付けるような雨からは身を守れない仕様になっています。

雨天時にも配達可能!メリットを解説

ジャイロキャノピーは屋根が付いているため、天候に左右されることなく、さまざまなシーンで活躍の場を広げています。ここでは、雨天時にも配達可能なジャイロキャノピーのメリットについて解説します。

雨に強いジャイロキャノピーのメリット

コロナ過の影響もあり昨今では、物販や飲食店の宅配サービスの需要は右肩上がりです。そんななか、配達に重宝されているのがジャイロキャノピーです。雨天などの天候に左右されることなく配達できるジャイロキャノピーは、たくさん配達して稼ぎたい宅配ワーカーの間で大人気です。最近多いゲリラ豪雨で商品を濡らす心配もありません。

また、ジャイロキャノピーは後ろの荷台部分に宅配ボックスを設置しているため、自転車で配達するときのように、リュックを背負う必要がなく、圧倒的に疲れを軽減でき、かつ料理崩れやドリンクこぼれの心配もなく安心です。

ワイドバイザーやレッグシールドで雨天の快適性UP

ジャイロキャノピーは肩幅のある男性が乗った場合、雨で両肩が濡れてしまうというデメリットがあります。そのデメリットを解消するため、フロントスクリーンの側面から屋根の側面にかけて取り付ける「ワイドバイザー」が大変人気です。さらに、足元を走行時の雨から守る「レッグシールド」も販売されています。

ワイドバイザーとレッグシールドを併用すれば、雨天時にカッパを着用する必要がなくなり、ジャイロキャノピーの快適性は格段に向上します。

ジャイロキャノピーを扱う上での注意点

安定した3輪原付バイクに屋根を付けて、雨天でも快適に乗ることが可能なジャイロキャノピー。そんなジャイロキャノピーであっても万能なわけではなく、取り扱いの際には注意点があります。ここでは、ジャイロキャノピーを扱う上での注意点について解説します。

雨の日には注意が必要

ジャイロキャノピーといえど、ワイドバイザーやレッグシールドを装着したとしても、横殴りの強い雨ではまったく濡れないというわけではなく、それなりに身体は濡れてしまいます。スーツなどの雨に濡れては困るという服装で乗る際には、カッパなどの雨具との併用が無難でしょう。

雨天時の横滑りに注意が必要

ジャイロキャノピーは2輪バイクと同様に、カーブを曲がるときには車体を行きたい方向に倒して曲がる仕組みになっています。そのため、タイヤの抵抗値が落ちる雨天時には、十分に速度を落として曲がらないと横滑りして横転してしまうリスクが高まります。確かに2輪より3輪は安定していますが、乗り方次第では危険な乗り物になってしまうことに注意が必要です。

まとめ

今回は雨の日でも濡れづらいジャイロキャノピーの特長について解説しました。ジャイロキャノピーは、前輪1本と後輪2本で構成された3輪タイプの乗り物です。ジャイロという3輪バイクにキャノピーという屋根を取り付けたものをジャイロキャノピーといいます。

ジャイロキャノピーは天候に左右されることなく、さまざまなシーンで活躍の場を広げています。ジャイロキャノピーはたくさん配達して稼ぎたい宅配ワーカーの間で大人気の乗り物です。

ただし、横殴りの強い雨ではそれなりに身体は濡れてしまいますし、横滑りも起こる可能性があるため注意が必要です。雨天時でも乗れるバイクに興味があれば、ぜひジャイロキャノピーを検討してみてください。

迷った方には
この会社がおすすめ!

ShaeroPR
Shaero

シェアロは、日本の都市部で注目を集めている電動バイクシェアリングサービスです。数百のステーションを展開するネットワークにより、時間とコストを節約しながら目的地までスムーズに移動できます。 また、女性でも簡単に操作できる・コスパの高さなど、利用者のニーズに合わせたサービスで人気急上昇中のツールです。

   

【ジャンル別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【エリア別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【全国】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス7選!比較表

イメージ
サービス名Shaero(シェアロ)Hondaのお仕事用サブスクテイトレンタルFPレンタルバイクサニーバイク軽輪舎(ケイリンシャ)ヤスカリ
特徴電気代約10円分のエネルギーで30kmを走行!静かでエコな都市向きの電動バイク!保険やメンテナンス込みで充実のサポート!HONDA公式の安心サービス!完全フルメンテナンス!全国提携工場と連携したサービスネットワーク体制!充実のサービスネットワーク網!豊富な車両在庫でニーズに迅速対応!保険もすべてコミコミ!自賠責や任意保険、整備等の諸費用も全部込み!オープニング時や繁忙期に便利でお得!長期利用者おすすめのプランも登場!メットやグローブもレンタル可能!ツーリング初心者も歓迎!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事