電動バイクで配達すると充電はどれくらい持つ?

公開日: 2023/09/19

電動バイクでの配達に切り替える予定ですか?電動バイクでの配達になると気になるのが「充電」です。ガソリンバイクであればガソリンスタンドで給油をします。では、電動バイクはどこで、どうやって充電しているのでしょうか。今回は、電動バイクについて知りたい方向けに、電動バイクの充電について詳しく紹介します。

電動バイクの充電時間は?

電動バイクの充電時間はどれくらいかかるのでしょうか?こちらでは電動バイクの充電時間・その他について詳しく紹介します。

電動バイクは「電圧」によって充電時間が異なる

電動バイクは電圧によって充電時間が異なります。電動バイク本体と充電器が100Vの場合と電動バイク本体と充電器が200Vの場合で時間が異なります。具体的には電圧が2倍になると、充電時間は約1/2です。

家庭用充電器を使っての充電時間は次の通りです。100Vでの充電で10km程度走行できる充電であれば、約1時間程度で充電できます。200Vでの充電で10km程度走行できる充電であれば、約30分程度で充電できます。

電動デリバリーバイクの充電時間はどれくらいか?

電動デリバリーバイクの充電時間は、フル充電で6時間程度です。この場合の条件は家庭用充電器を使って電圧が100V、電流は10〜20A程度とします。また電流の大きさ・バッテリーの容量によっても充電時間は異なります。

電動デリバリーバイクはバッテリーの取り外しができる

電動デリバリーバイクの中には、バッテリーの取り外しができるバイクもあります。そのためスペアバッテリーをいくつか用意して、入れ替えることで稼働時間を長くすることが可能です。

電動バイクの充電方法

電動バイクの充電方法にはどんな方法があるのでしょうか?こちらでは電動バイクの充電方法について詳しく紹介します。

電動バイクの充電方法とは?

一般的な電動バイクの充電方法には「普通充電」と「急速充電」の2つの充電方法があります。それぞれ詳しく紹介します。

普通充電とは何か?

普通充電とは「普通の速度で充電する方法」のことです。普通充電とは、具体的には家庭用充電器を使った充電のことです。家庭用充電器を使って100V、または200Vの電圧で充電をします。普通充電での電流は10〜20A程度になります。

急速充電とは何か?

急速充電とは「急速に充電する方法」のことです。急速充電とは、具体的には充電ステーションで急速充電器を使って充電をすることです。急速充電器を使って100V、または200Vの電圧で充電をします。

急速充電での電流は100A以上の電流を流します。急速充電は普通充電に比べ圧倒的に短い時間でフル充電をすることが可能です。普通充電で数時間かかるところを、最速数十分でフル充電することができます。

電動バイクのバッテリーの種類

電動バイクのバッテリーにはどんな種類があるのでしょうか?こちらでは電動バイクのバッテリーの種類について詳しく紹介します。

バッテリーとは何か?

バッテリーとは、一度限りではなく繰り返し充放電ができる電池のことです。二次電池、または蓄電池とも呼びます。電動バイクでのバッテリーは充電器から充電した電気を使って、モーターを回したり、さまざまな電気系統を動かすためのエネルギー供給の役目があります。

電動バイクには3種類のバッテリーが使われている

電動バイクには、おもに「鉛バッテリー」「シリコンバッテリー」「リチウムバッテリー」の3種類のバッテリーが使われています。次に、3つのバッテリーについて詳しく紹介します。

鉛バッテリー

鉛バッテリーとは、鉛を使った二次電池、または蓄電池のことです。鉛バッテリーの仕組みは、希硫酸(電解液のこと)という電気を通しやすい液体の中に、正極(二酸化鉛)と負極(海面上の鉛)の2つの極を作り、希硫酸と鉛が化学反応を起こすことで充電と放電を行う仕組みです。特徴は、さまざまなシーンで使え、しかもコストが安いことです。

シリコンバッテリーとは何か?

シリコンバッテリーとは、シリコンを使った二次電池、または蓄電池のことです。仕組みは、電解液に希硫酸の代わりに有機シリコン(ケイ素)を使い、鉛バッテリーの難点であるサルフェーションを起こりにくくしたバッテリーです。サルフェーションとは充電や放電がしにくくなる硫化現象のことです。特徴は同サイズの鉛バッテリーと比べて、充電時間が大幅に短く、自己放電が少なく、充電容量が大きく、安全性が高いことです。

リチウムバッテリーとは何か?

リチウムバッテリーとは、リチウムイオンを使った二次電池、または蓄電池のことです。仕組みは、希硫酸・シリコンの代わりにリチウムイオンを使い、正極と負極の間をリチウムイオンが移動して充放電を行う仕組みです。鉛バッテリー・シリコンバッテリーと比べて、小型化・軽量化・高電圧化・高容量化・長航続距離化ができることです。

まとめ

今回は、電動バイクの充電について紹介しました。今回のポイントをまとめると、電動バイクの充電時間は「電圧」によって充電時間が異なることです。電圧が2倍になると、充電時間は約1/2で済みます。また電流の大きさ・バッテリーの容量によっても充電時間は異なります。ちなみに電動デリバリーバイクの充電時間はフル充電で6時間程度で可能です。

迷った方には
この会社がおすすめ!

ShaeroPR
Shaero

シェアロは、日本の都市部で注目を集めている電動バイクシェアリングサービスです。数百のステーションを展開するネットワークにより、時間とコストを節約しながら目的地までスムーズに移動できます。 また、女性でも簡単に操作できる・コスパの高さなど、利用者のニーズに合わせたサービスで人気急上昇中のツールです。

   

【ジャンル別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【エリア別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【全国】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス7選!比較表

イメージ
サービス名Shaero(シェアロ)Hondaのお仕事用サブスクテイトレンタルFPレンタルバイクサニーバイク軽輪舎(ケイリンシャ)ヤスカリ
特徴電気代約10円分のエネルギーで30kmを走行!静かでエコな都市向きの電動バイク!保険やメンテナンス込みで充実のサポート!HONDA公式の安心サービス!完全フルメンテナンス!全国提携工場と連携したサービスネットワーク体制!充実のサービスネットワーク網!豊富な車両在庫でニーズに迅速対応!保険もすべてコミコミ!自賠責や任意保険、整備等の諸費用も全部込み!オープニング時や繁忙期に便利でお得!長期利用者おすすめのプランも登場!メットやグローブもレンタル可能!ツーリング初心者も歓迎!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事