出前館の配達員でバイトをするなら自転車とバイクどちらが稼げる?

公開日: 2023/11/15

出前館の配達員としてバイトを考えている方にとって、自転車とバイクのどちらが収入を増やす選択肢なのか、疑問に思うことでしょう。この記事では、自転車とバイクのそれぞれのメリットとデメリットを比較し、稼げるポイントを明らかにします。どちらが稼げるかについて知りたい方へ参考になれば幸いです。

出前館で使える移動手段

出前館の配達に使用できる乗り物は、主に以下の4種類です。それぞれの乗り物には特定の利点と制限があり、効率的な配達のために使い分けが必要です。

自転車

自転車は出前館の配達に非常に適しています。とくに繁華街や狭い路地での配達に適しており、交通渋滞に巻き込まれる心配がありません。また、環境にもやさしく、燃料コストがかからないため、コスト効率が高いです。しかし、大型の注文や長距離の配達には向いていません。

原付バイク

原付バイクは速度と機動性があるため、比較的小型の注文から中型の注文まで幅広い配達に使用できます。燃料効率も良く、駐車場の問題も少ないため、都市部での出前館の仕事に適しています。ただし、大きな負荷や重い商品を運ぶには限界があります。

126cc以上バイク

このカテゴリのバイクは、大きな注文や長距離の配達に向いています。しかし、燃料コストが高く、都市部の交通渋滞に巻き込まれることがあるため、ルートの計画が重要です。

軽自動車

軽自動車は大容量の配達に適しており、大きな荷物や複数の注文を同時に運ぶことができます。高速道路も利用でき、安定性が高いため、悪天候時にも頼りになります。ただし、駐車スペースが必要で、燃費はほかの乗り物よりも低いかもしれません。

自転車で配達するメリット・デメリット

自転車で配達するメリット・デメリットについて説明します。

メリット

まず、環境に優しい点がメリットです。自転車は二酸化炭素排出がないため、環境に負荷をかけずに配達がおこなえます。そして、交通渋滞が回避できることも魅力です。自転車は交通渋滞に巻き込まれることが少なく、都市部での配達がスムーズにおこなえます。

さらに、自転車での配達は、ほかの車両に比べてコストが非常に低く、燃料代や駐車場の費用がかかりません。これにより、出前館の収益性を向上させることができます。また、配達員は自転車を漕ぐことで運動不足を解消し、健康的なライフスタイルを維持することも期待できます。

デメリット

デメリットとしては、まず荷物制限があることです。自転車には運べる荷物に制限があり、大型の注文や複数の商品を運ぶのは難しい場合があります。一度に多くの配達ができないことが制約となります。

次に、体力消耗があります。長時間の配達や急勾配のエリアでは、配達員の体力を消耗させる可能性があります。適切な休憩と体調管理が必要です。

バイクで配達するメリット・デメリット

バイクで配達するメリットとデメリットについて説明します。

メリット

まず、高速移動が可能となることです。バイクは自転車や歩行よりも遥かに速く、配達を素早くおこなえます。これにより、お客様への迅速な配達が可能です。

次に、広範囲のカバーができることです。バイクは自転車よりも広いエリアをカバーでき、長距離の配達に適しています。そして、自転車よりも多くの商品を運べるため、大型の注文や複数の商品を同時に運ぶのに適しています。

デメリット

デメリットとしては、まず安全性の問題があります。バイクは自転車や自動車に比べて事故のリスクが高い場合があります。安全対策と適切なライダートレーニングが必要です。

次に、騒音と排気ガス問題も考えられます。バイクはエンジン音や排気ガスの発生があるため、環境への騒音や汚染を引き起こすことがあります。

そして、運転免許がない方にはバイクはデメリットとなるでしょう。バイクを運転するためには運転免許が必要であり、取得に手間とコストがかかることがあります。

自転車とバイクどちらが稼げるのか

自転車とバイクのどちらが稼げるかは、自身の状況やエリアによって異なります。自転車は燃料費がかからないため、収益が高くなる可能性がありますが、距離や荷物の大きさに制限があります。主に狭いエリアや都市内での短距離配達に向いています。

一方、バイクはより長距離や大量の配達に向いており、効率的な収益が期待できますが、ガソリン代や車両の維持費がかかります。どちらが稼げるかは、配達先やターゲット市場、競争状況に影響します。都市部ではバイクの方が需要が高いことが多い一方、自転車は繁華街や狭い路地での配達に適しています。

まとめ

配達員としてのアルバイトをする際に、自転車とバイクのどちらがいいのかについて解説しました。自転車、バイクそれぞれにメリットやデメリットがあります。地域や個人の好み、スキル、ライフスタイル、需要や競争状況が影響を与えます。最終的に、稼げるかどうかは状況によりますが、自身の状況に合った選択をすることが大切です。

迷った方には
この会社がおすすめ!

ShaeroPR
Shaero

シェアロは、日本の都市部で注目を集めている電動バイクシェアリングサービスです。数百のステーションを展開するネットワークにより、時間とコストを節約しながら目的地までスムーズに移動できます。 また、女性でも簡単に操作できる・コスパの高さなど、利用者のニーズに合わせたサービスで人気急上昇中のツールです。

   

【ジャンル別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【エリア別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【全国】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス7選!比較表

イメージ
サービス名Shaero(シェアロ)Hondaのお仕事用サブスクテイトレンタルFPレンタルバイクサニーバイク軽輪舎(ケイリンシャ)ヤスカリ
特徴電気代約10円分のエネルギーで30kmを走行!静かでエコな都市向きの電動バイク!保険やメンテナンス込みで充実のサポート!HONDA公式の安心サービス!完全フルメンテナンス!全国提携工場と連携したサービスネットワーク体制!充実のサービスネットワーク網!豊富な車両在庫でニーズに迅速対応!保険もすべてコミコミ!自賠責や任意保険、整備等の諸費用も全部込み!オープニング時や繁忙期に便利でお得!長期利用者おすすめのプランも登場!メットやグローブもレンタル可能!ツーリング初心者も歓迎!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事