Uber Eats(ウーバーイーツ)は自転車とバイクどちらが稼げる?

公開日: 2023/10/15

Uber Eats(ウーバーイーツ)での稼ぎ方を考える際、自転車とバイク、どちらがより収益を上げるために最適な選択肢なのか、その答えを探るべく、本記事では両者の利点と注意点について詳しく解説します。配達員としての収益最大化を目指すために、どちらの選択が最適なのか、見ていきましょう。

Uber Eatsでは自転車とバイクのどちらがおすすめ?

Uber Eatsを利用する際に、自転車とバイクのどちらがおすすめなのでしょうか。自身の状況や好み、利用場所に応じて判断することが大切です。

自転車を選ぶ場合、そのメリットはいくつかあります。まず、自転車は環境にやさしく、ゼロエミッションで移動できます。燃料代を気にする必要がないため、ランニングコストが低く、経済的です。

また、交通渋滞に巻き込まれる心配がなく、狭い道路や歩道をスムーズに移動できます。自転車を利用することで、健康的な運動も取り入れることができます。しかし、天候や距離によっては、自転車が不便なこともあります。

一方、バイクを選ぶ場合もメリットがあります。バイクは速く、遠くの配達先にも迅速に到達できます。バイクの荷台は自転車よりも大きく、多くの注文を一度に運ぶことができます。しかし、バイクの運転には免許が必要であり、燃料代や保険などのコストがかかります。

どちらを選ぶかの最終的な決定は、自身の状況によって異なります。配達先の距離や地域の交通状況、予算などを考慮しましょう。短い距離や都市部であれば、自転車が便利で環境にも優しい選択かもしれません。一方、広いエリアはバイクが効果的でしょう。

自転車vsバイク!Uber Eatsで稼げる金額を比較

自転車の場合

自転車配達によるUber Eatsで稼げる一般的なガイドラインは次の通りです。

初心者は時給800〜1,000円程度が一般的で、中級者は時給1,200〜1,400円程度が期待できます。また、地域や都市によっても収入が変動します。中心市街地では自転車でも稼ぎやすい傾向があります。

バイクの場合

バイク配達によるUber Eatsで稼げる一般的なガイドラインは次の通りです。

一般的に、バイクで稼げる金額は自転車よりも高いとされています。具体的には時給1,100〜2,400円程度が期待できます。また、バイクの種類によっても収入に差があります。

Uber Eatsでの配達におすすめの自転車・バイク

Uber Eatsの配達におすすめの自転車とバイクを紹介します。

自転車

・電動アシスト自転車

電動アシスト自転車は、長距離の配達に向いており、坂道などのアップヒルでも助けになります。

・折り畳み自転車

駐輪場のスペースが限られている場所では、折り畳み自転車が便利です。

・耐久性のあるタイヤ

防パンクタイヤなど、耐久性のあるタイヤを選ぶと、パンクのリスクを軽減できます。

バイク

・スクータータイプ

スクーターは燃料効率が高く、都市部での配達に適しています。小型のスクーターは駐輪が簡単です。

・125cc以上のエンジン

比較的長距離の配達を考えるなら、125cc以上のエンジンを搭載したバイクがおすすめです。

・防水カーゴボックス

防水カーゴボックスを取り付けると、荷物を安全に運びやすくなります。

選択肢は個人の好みや予算、地域の条件によりますが、配達の効率と安全性を考えて、自転車またはバイクを選ぶことが大切です。

バイクや自転車はレンタルがおすすめ

Uber Eatsの配達のために自転車やバイクを新たに購入するのは高価で初期費用がかさみます。そのため、自転車やバイクのレンタルを検討することをおすすめします。

まず、レンタルの最大のメリットは低コストであることです。新しい自転車やバイクを購入する代わりに、レンタルならば初期投資が不要です。また、レンタルは状況に合わせた柔軟性があります。必要なときに自転車やバイクを借り、季節や需要に合わせて車両を切り替えることも可能です。

さらに、メンテナンスの必要がありません。自転車やバイクの所有者は、定期的なメンテナンスや予期せぬ修理に対処しなければなりませんが、レンタル車両はレンタル会社が保守・修理してくれます。これにより、運転中のトラブルや故障に悩まされることがありません。

そして、簡単にレンタルできることも特徴です。自転車やバイクの選択から手続きまで、迅速かつスムーズに進行します。そのため、即座に配達を開始でき、ビジネスを始める際の手間を最小限に抑えられます。長期的な視点で考え、自分のビジネスの成長と収益性を最大化するために、レンタルを上手に活用しましょう。

まとめ

Uber Eatsでの収入を比較すると、バイクと自転車のどちらが有利かは個人の状況によって異なります。そして、初期投資を抑えたい場合や、柔軟な選択を求める場合には、自転車やバイクのレンタルがおすすめです。

レンタルは低コストで柔軟性のある選択肢であり、メンテナンス不要、保証も受けられます。自分のビジネスプランに合わせて車両を選び、即座に配達を開始できるため、効率的に収入を増やす手段として優れています。

迷った方には
この会社がおすすめ!

ShaeroPR
Shaero

シェアロは、日本の都市部で注目を集めている電動バイクシェアリングサービスです。数百のステーションを展開するネットワークにより、時間とコストを節約しながら目的地までスムーズに移動できます。 また、女性でも簡単に操作できる・コスパの高さなど、利用者のニーズに合わせたサービスで人気急上昇中のツールです。

   

【ジャンル別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【エリア別】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

【全国】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス7選!比較表

イメージ
サービス名Shaero(シェアロ)Hondaのお仕事用サブスクテイトレンタルFPレンタルバイクサニーバイク軽輪舎(ケイリンシャ)ヤスカリ
特徴電気代約10円分のエネルギーで30kmを走行!静かでエコな都市向きの電動バイク!保険やメンテナンス込みで充実のサポート!HONDA公式の安心サービス!完全フルメンテナンス!全国提携工場と連携したサービスネットワーク体制!充実のサービスネットワーク網!豊富な車両在庫でニーズに迅速対応!保険もすべてコミコミ!自賠責や任意保険、整備等の諸費用も全部込み!オープニング時や繁忙期に便利でお得!長期利用者おすすめのプランも登場!メットやグローブもレンタル可能!ツーリング初心者も歓迎!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事